U-NEXTのファミリーアカウントサービスとペアレンタルロックの使い方を調べてみた!

U-NEXTのファミリーアカウントサービスとペアレンタルロックの使い方を調べてみた! 動画視聴方法

U-NEXTのファミリーアカウントサービスとペアレンタルロックの使い方を調べてみた!
ファミリーアカウントサービスを利用して親アカウントの他に無料で3つまで追加できる子アカウントの1つを追加してみて、ファミリーアカウントとかペアレンタルロックの使い方に少し疑問を持ったので自分なりに調べてまとめてみました。

ファミリーアカウントについて

①親アカウント以外に3つの子アカウントを追加することができる。
②3つの子アカウントの追加に関しては追加料金一切無し(無料)。
③子アカウントからはアダルトコンテンツや年齢制限のある作品は非表示(表示できるようにするとかの設定は一切出来ない)。
④子アカウントは雑誌や書籍が見れるBookPlaceのサービスは利用できない。
⑤子アカウントには”登録の支払い方法での購入の許可”か”ポイント利用のみ許可”のどちらかの購入の制限を設定する事ができ、”登録の支払い方法での購入の許可”にした場合のレンタル・購入の請求額は親アカウントに紐付される。※子アカウントの購入制限についての設定は、Apple社のアプリ内課金(Uコインの購入)には適用されない。
⑥U-NEXTポイントやUコインは親アカウントと子アカウントで共有。
⑦4つのアカウントで同時に作品を再生する事が可能。ただし同じ作品を同時に再生する事は不可(「NHKオンデマンドパック」については別の作品であっても、同じパック内の作品を同時に再生する事は不可)。

ペアレンタルロックについて

①ペアレンタルロックの設定は親アカウントのみで設定可能。
ONにした場合は全年齢・PG12・R15は視聴可能で、R18+・R20+・その他は視聴不可。
OFFに設定した場合は全年齢・PG12・R15・R18+・R20+・その他の全てが視聴可。

箇条書きで少し分かりずらいですが、
ワイフや子供達はアダルトコンテンツ&年齢制限作品が非表示の子アカウントを作って、パパは親アカウントでアダルトコンテンツを見ながらオナニーしまおう!親アカウントにペアレンタルロックを設定するとアダルトコンテンツ&年齢制限作品が非表示になるので万が一の時も安心!
子アカウントの購入制限を”登録の支払い方法での購入の許可”に設定してしまうと子アカウントからも作品をレンタルしたり購入する事が出来て、その料金は親アカウントであるパパの所に請求がいくよ!という感じですかね。

一般作品とアダルトコンテンツを同時に取り扱っていなければこういったシステムは不要なのでしょうが、ワイフや子供達を持つパパたちには強い味方ですね。
映画を見ようか?と家計のお金でU-NEXTを契約して、ワイフや子供達がドラマやアニメで楽しんでるその裏でパパは”その他”のアダルトコンテンツから選んだエロ動画でシコり放題!なのです!

U-NEXT

本ページの情報は2018年8月時点もです。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました